inoue_works

自由気ままに曲を作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Libra

■作成日: 2014年12月23日
■イラスト: かなみさん



いつも触れていたのに
そっと抱き寄せていたのに 
一途な夢は放物線の彼方
傷ついた心の雨に
いつも濡れていたのに
今はどうだろう 顔も思い出せない

すれ違いを重ねる二人の手 出逢えると信じて
泣き顔を隠していた手を離した

あの日の星空を僕達は見れなかった
この指先で光をなぞり
描いた自分は小さ過ぎたから
想いの矛先を終わりの無い空へと向けた
それは真白く 無邪気に白く
歩み出した僕達を包み込んだ

いつか終わりが来ても
ずっと届かないとしても
一途な夢が枯れる事はないから

曇りがちな瞳に映り込む笑顔 懐かしくて
間違いに気付いた時には 夜明けが

あの日の星空に戸惑いを隠せなかった
その決断に幾度も悩み
描いた自分に嫌気が差しても
望まぬ結末にいら立ちと未練が残った
何より強く 想いは強く
ありたいと思う自分に余裕なんて一つも無かった

すれ違いを重ねる二人の手 冷たい色をして
何も言葉交わさなくても 伝わる

あの日の星空を僕達は見れなかった
この指先で光をなぞり
描いた自分は小さ過ぎたから
想いの矛先を終わりの無い空へと向けた
それは真白く 無邪気に白く
歩み出した僕達を包み込んで 微笑んでた
VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<sight | ホーム | assort>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。