inoue_works

自由気ままに曲を作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

僕たちのユグドラシル

■作成日: 2010年07月13日
■イラスト: ミカドロボ



加速する夕暮れ
星はまだ見えない
木陰から見下ろす
僕たちが住む街の灯り

夜の帳が下りきる前に帰ろう
明日もまたこの樹の下で集まって
笑いあって

今もまだ覚えてる?
無邪気なあの頃
手を合わせ交わした
あの時の約束を
 
僕たちは今それぞれの人生を歩んでいる   
枝のように分岐重ね
花咲く日を夢見て

大人になってまたいつかこの樹の下で逢おう
あの頃と同じように
空を見上げておぼろげだった夢を
歌に変えるんだ


時重ね見つけた存在意義 
光へと身体を伸ばすその過程で

枝が折れようとも
花が枯れようとも
それすら叶わず
朽ち果てゆこうとも

千切れた心を
儚い願いを
受け入れてくれる
陽だまりがあるよ


大人になってまたいつかこの樹の下で逢おう
あの頃と同じように
空を見上げておぼろげだった夢を
歌に変えるんだ
 
世界樹の下で
VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |

強くてニューゲーム

■作成日: 2012年01月22日
■ギター: 白釈迦
■イラスト: 壁Nekoさん



手をかざして光を隠してみる
その波長が痛いくらい突き刺さって
肥大する闇で自分を見失って 
だけど優しくて そのまま崩れ堕ちてく

目を閉ざして世界を拒んでみる
写る光景が怖くて 逃げたくて
君が差し出したその手も見失って
どこか寂しくて 涙がこぼれ落ちてく

茜の空が語りかけるの 今
「重ねた嘘を全て受け止めて」

やがて時は進みだす
 
さよなら告げた あの日の自分に
錆び付いた撥条がまた動き出す
これで君が微笑んでくれる
そう信じていた

息を止めて鼓動を確かめる
存在する(イキル)意味を言葉に出来なくて
君が去ったあの日 世界は確実に空回りだして

流れる風に言葉(ウタ)を乗せるの 今
逝き着く先に君は居るのかな?

枯れた声が響き渡る

さよなら告げた あの日の君に
焼き付いた情景が風化してゆく
これで君を思い出す事は無いでしょう

二つの影が伸びる
無情にも朝は来る
振り返ると時針はいつしか見えなくなって

さよなら告げた あの日の自分に
優しい風が身体を包む
「これで良いんだ」と囁かれた
そんな気がした

さよなら告げた あの日の自分に
錆び付いた撥条がまた動き出す
これで君が微笑んでくれる

そう信じているよ

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |

We were the one

■作成日: 2010年02月03日
■イラスト: ミカドロボ



How long must we fight hard to make a more peaceful future ?

Politics, Resources, Religion, Ideology...
Various things have worked as a trigger of the war in the past
And now, it's quite the same
Desire, Blind thought, Desided fate, and so on...
Having some weapons and reasons to fight, they go to that frontline

Can you hear the scream of innocent people ?
Can you see the ground covered with fire ?
Can you touch the cold skins of children ?

Throw away your weapons and let's take each other's hands
Please do remember that we were the one
It's not important to divide victory or defeat
We have to notice again... we were the one


Pollution, Poverty, Starvation, Mountains of rubble...
They brought only unbeneficial factors in the earth
We lost our living space
Don't be sad, I'll be back, So please wait for my brave return...
Many soldiers said irresponsible phrases to us
And now, they returned... silently

Can you hear the cries of your family ?
Can you see my face covered with tears ?
Can you grip my hands as usual ?

Throw away your prejudice and let's understand each other
Please do remember that we were the one
Nobody want you to be one of victims
We have to notice again... we were the one


Can you hear my voice ?
Can you hear my song ?


Throw away your weapons and let's take each other's hands
Please do remember that we were the one
Nobody hopes the world based on destruction
Remember... we were the one

VOCALOID | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。